新聞記者仲間のはなし


by qawjas2cyn

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 文化審議会(西原鈴子会長)は21日、日本庭園の原型とされる平城宮東院庭園(奈良市)を特別名勝に指定するよう川端達夫文部科学相に答申した。庭園の中心にある池は、当初、中国などから伝わった直線的な技法で造られたが、なだらかな曲線を備えた日本独自の様式に造り替えられた。 また、長州藩と4カ国連合艦隊による幕末の下関戦争の舞台となった「長州藩下関前田台場跡」(山口県下関市)など8件を史跡にすることなどを求めた。

 また、山部赤人の短歌に詠われた干潟、島嶼(とうしよ)などからなる「和歌の浦」(和歌山市)など2件を名勝に、およそ4000年前に噴火した火山「大室山」(静岡県伊東市)など3件を天然記念物にそれぞれ指定するよう答申した。答申はいずれも近く認められる見通し。

 主な答申は次の通り。

 【特別名勝】平城宮東院庭園(奈良市)

 【名勝】和歌の浦(和歌山県和歌山市)▽円月島 高嶋(和歌山県白浜町)

 【史跡】長州藩下関前田台場跡(山口県下関市)▽小峰城跡(福島県白河市)▽常陸国府跡(茨城県石岡市)▽大町釈迦堂口遺跡(神奈川県鎌倉市)▽阿波遍路道 鶴林寺道 太龍寺道 いわや道(徳島県阿南市、同勝浦町)▽妙見山古墳(愛媛県今治市)▽熊本藩川尻米蔵跡 外城蔵跡 船着場跡(熊本市)▽小湊フワガネク遺跡(鹿児島県奄美市)

 【天然記念物】大室山(静岡県伊東市)▽多度のイヌナシ自生地(三重県桑名市)▽ヤクシマカワゴロモ生育地(鹿児島県屋久島町)

【関連記事】
養翠園のカキツバタ咲かず 春の寒さ原因?
1300年の都をJR特急が21年ぶりに走った
慈悲の花咲く法華寺で、ふっくらとした光明皇后に出会う
小学生が新茶摘み体験 高松・栗林公園
「江ノ島」など藤沢の景観ベスト10を選定
中国が優等生路線に?

<将棋>3連覇の羽生名人「山あり谷ありの勝負でした」(毎日新聞)
金融界の主張、「やくざと一緒」=郵政見直しへの批判で―亀井氏(時事通信)
丸川珠代氏、鳩山首相に「ルーピー」のヤジで国会大もめ(スポーツ報知)
<マラソン>佐藤、加納ら男女各2人を代表選出 アジア大会
罰当たり!ほこらの道祖神盗まれる(読売新聞)
[PR]
by qawjas2cyn | 2010-05-26 20:20
 親が養育できない子どもを匿名で託す慈恵病院(熊本市)の赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)が10日、運用から3年を迎えた。

 記者会見した同病院の蓮田太二理事長らは「妊娠期から養育までの国の母子支援が不十分」と述べ、生活困窮や不倫などで望まない妊娠をした母親を支える仕組みの早急な整備を求めた。

 蓮田理事長は「たくさんの母子が救われた」と設置の意義を強調。一方、望まない妊娠をした遠方在住者からも「破水した。(病院に行けないので)助けてほしい」などと緊急を要する相談が後を絶たず、「一民間病院では限界がある」と対応に苦慮している現状も訴えた。

 2007年5月の運用開始から昨年9月までにゆりかごに預けられた子どもは51人。熊本市は昨年度に預けられた人数などを今月下旬に公表する方針。

【舞台はここに】五木寛之「親鸞」 京都・六角堂(産経新聞)
鳩山政権の「路線修正」に全力=公約、普天間念頭−仙谷戦略相(時事通信)
普天間、5月決着断念=地元、米との合意困難−政府(時事通信)
子宮頸がんワクチン、集団接種=初の全額助成、栃木・大田原市(時事通信)
ワカメ産地偽装で前社長を逮捕=中国産を「鳴門産」−徳島県警(時事通信)
[PR]
by qawjas2cyn | 2010-05-17 16:22
 障害者団体向け割引制度を悪用した郵便不正事件で、「凜(りん)の会」(解散)の代表、倉沢邦夫被告(74)=虚偽有印公文書作成・同行使罪と郵便法違反罪で起訴=に対し、大阪地裁(横田信之裁判長)は27日、凜の会を障害者団体と認める偽証明書作成に関与したとする虚偽有印公文書作成・同行使罪について、無罪判決を言い渡した。同事件で起訴された4被告のうち初の判決。検察には厳しい判断となった。

 同事件では、偽証明書の作成を指示したとして起訴された厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)も無罪主張しており、倉沢被告が偽証明書の件で無罪になったことで、村木被告の判決も注目される。

 郵便法違反については有罪と判断し、罰金540万円(求刑・懲役1年6月、罰金540万円)を言い渡した。

 起訴状によると、倉沢被告は04年6月上旬、同会を設立した河野克史被告(69)のほか、村木被告や厚労省元係長、上村勉被告(40)と共謀し、同会を障害者団体と認める偽証明書を作成。06年8月〜07年3月、障害者団体向けの郵便料金割引制度を利用して、企業のダイレクトメール(DM)を発送し、郵便料金計約3億7700万円を不正に免れたとされる。

 検察側の主張によると、倉沢被告は04年2月下旬、石井一・民主党参院議員(75)の口添えで村木被告に面会し作成を依頼。同年6月上旬に厚労省内で村木被告から偽証明書を手渡されたとされる。

 倉沢被告は郵便法違反については認めていたが、偽証明書については「村木被告から受け取ったもので、偽物という認識はなく、適正な証明書と思っていた」と無罪を主張。

 一方、村木被告は自身の公判で「倉沢被告に会った覚えはなく、偽証明書を手渡したことなどない」と関与を完全否定している。【日野行介】

【関連ニュース】
郵便不正裁判:団体設立の河野被告に懲役1年6月求刑
郵便不正公判:大阪地検が窮地 供述内容覆り(1/4ページ)
郵便不正公判:村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定
郵便不正公判:「自立支援法」供述 副検事が誘導認める
郵便不正事件:大阪地裁が上村被告弁護人の証人申請却下

やずや就活動画流出 不採用学生“再挑戦”ネット投稿(産経新聞)
<事業仕分け>第2弾後半 60法人を候補に選定(毎日新聞)
大型連休の外遊 閣僚の半数以上が「不在」(産経新聞)
「石炭権益」獲得へ 官民合同ミッション ロシアの開発支援 (産経新聞)
「判決」で終わりではない 毒物カレーで長女が被害、杉谷安生さん(産経新聞)
[PR]
by qawjas2cyn | 2010-05-01 03:06