新聞記者仲間のはなし


by qawjas2cyn

闇サイトに「ネットハンター」=潜入捜査、違法行為を摘発−専従班設置へ・警視庁(時事通信)

 犯罪のための人材募集などに利用されるインターネットの闇サイトを監視するため、警視庁が犯罪抑止対策本部に専従班を設置することが1日、同庁関係者への取材で分かった。一般人を装ってサイトを利用し、違法行為を確認して摘発する「潜入捜査」もする。闇サイトの取り締まり専従班設置は全国でも珍しいという。
 同庁関係者によると、専従班は21人体制で、「ネットハンター」と命名。一般の利用者を装って闇サイトの求人に応募するメールなどを送り、犯罪行為を持ち掛けられれば、摘発したり、警告したりする。
 ネット上には「短期、高収入保証」などとうたい、人材を募集する闇サイトが無数に存在。「闇の職業安定所」「裏求人」「裏アルバイト」と名乗り、殺人や強盗の仲間や振り込め詐欺の引き出し役を募ったり、他人名義の携帯電話や銀行口座の調達を持ち掛けたりするケースもある。 

【関連ニュース】
竪山容疑者を追起訴=女性への強盗致傷、窃盗で
服役中の男に死刑求刑=薬局経営女性の強盗殺人
振り込め詐欺防止活動中に窃盗=ATMから5万円
コンビニ強盗容疑で米国人逮捕=妻と出頭、「生活費欲しくて」
パチンコ店から300万円奪う=男2人、店長ら縛り景品も

性同一性障害手術訴訟で和解=慰謝料330万、改善点も通知−京都地裁(時事通信)
判決文偽造し詐欺、元家裁書記官に懲役11年(読売新聞)
子ども手当、早くも相次ぐ外国人の問い合わせ(産経新聞)
よど号事件40年 「明日のジョー」はいま…(産経新聞)
普天間で小沢氏「首相も県外移設、約束した感じ」(読売新聞)
[PR]
by qawjas2cyn | 2010-04-02 11:11