新聞記者仲間のはなし


by qawjas2cyn

フラット35の金利低下=住宅機構(時事通信)

 住宅金融支援機構は2日、338の民間金融機関と連携した最長35年の長期固定住宅ローン「フラット35」(買い取り型)の3月の金利を発表した。返済期間21年以上35年以下は年2.55〜3.55%(前月2.60〜3.60%)、15年以上20年以下は2.34〜3.34%(同2.39〜3.39%)にそれぞれ低下した。金利の低下はいずれも2カ月ぶり。
 最も多くの金融機関が適用している利率は、21年以上35年以下が2.80%(同2.85%)、15年以上20年以下が2.59%(同2.64%)となった。フラット35の金利は指標となる10年物国債の金利動向を反映している。一方、フラット35保証型の3月の金利は3.13%。 

【関連ニュース】
二番底回避、効果に疑問=懸念残る1〜3月景気-2次補正成立
財政支出7.2兆円=政府、追加経済対策を決定
事業仕分けの結果

奈良の妊婦遺族の請求棄却 「救命の可能性低かった」 大阪地裁(産経新聞)
<大麻事件>摘発、過去最多…栽培が増加、罪悪感希薄か(毎日新聞)
<首相公邸>改修費は474万円 鳩山首相の転居時(毎日新聞)
社民・福島党首、普天間の5月末期限は「二次的なもの」(産経新聞)
ハイチ人男性、支援金携えて故郷へ 届け 復興への思い(産経新聞)
[PR]
by qawjas2cyn | 2010-03-03 03:04